麻依コトダマ

そのままの自分自身でいること…そんな麻依妓はんの赤裸々ライフブログ

生きにくかった「本当の理由③」とまとめ

 

 


脚が疲れているので

足指の間を広げたり、お香を焚いたり

足踏みで足裏のツボを刺激したり

している😲

 


コンビニにあった冊子の

内容がきっかけで分かったことなんやけど

 


人間関係に

1, 上下関係をつけていた

➡︎相手を上に、自分を下に置いていた

男性が上、女性が下もある

2, 勝ち負けの「競い合い」をしていた

➡︎自分の考えや思いを伝えるつもりが

攻撃的になって「この人に勝ちたい」とか

「誰かを言い負かしたい」になっていた

「男性に負けたくない」もあった

3,優劣が出てきた

「謝ること、頼ること、相談=自分の負け、劣っている」

と感じたり、思い込みもあった

 


きっかけはというと

1と3のケースは

• 大学時代に、その時の同級生に

相談を持ちかけたことをきっかけに

そう思う様になったこと

• 処世術として。

「相手を上に、自分を下に置く」

と嫌われず、謙虚に思われる

 


2のケースは

婚活で男性を嫌いになったこと

自分の思いを伝えるつもりが「攻撃」「中傷」「批判」に変わったり

自分がいかに正しいかという「競争意識」や

「負けたくない」になったりしたこと

 


(自分のことを「素直」で「正直」だ)

と思ってきたけど…

全然そうではないなぁ

可愛くないなぁ

と痛感した

 


でも、そうせざるを得ない(得なかった)

のは

「否定されること」や

「嫌われること」がすごく恐かったから

 


(大したことないのに、エラそうで態度がデカい。生意氣だ。)

と思われたくなかった

 


正直に言うと、今でもそれは恐いけど

これからは

上下や勝ち負け、優劣のない

フラットで

フランクで

風通しの良い

お互いの認めて尊重し合える

対等な人間関係を築いていこうと思ふ

 


幸せに生きる許可を

自分にとっていく